アンチエイジングとは

アンチエイジングを日本語にしますと、「抗老化」「抗加齢」ということになるようです。「老化」や「加齢」は、女性としては余り聞きたくないような、耳をふさぎたくなるような言葉ですが、人は誰でも生まれて赤ちゃんから子供になり、思春期、青春期を経て成熟した大人になります。成熟のあとは老化で死を迎えるという流れです。この成熟から死までの間の老化は女性にとって嫌な時期でしょう。肌に潤いがなくなり、シミ、しわ、くすみが気になるようになり、閉経になれば、肌の衰えはますます進むようで、肌が弱くなってくる場合もあります。

そんなお年頃の女性たちのために各メーカーはアンチエイジングを謳った化粧品を多く売り出しています。最近では多種多様なアンチエイジング商品が出回っていますので、どれを使ってよいか分からないと言った声も聞きます。それほどにアンチエイジング商品は巷で出回っています。

最近の研究で新たにアンチエイジングに効くと言う物質が発見されました。それはNMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)というもので、これはビタミンB3で出来た物質で体の機能を保つ物質NADに変換されると言う物質です。このNADが老化のため減少するのに伴いNMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)も減少していくようです。このNMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)を投与することで各臓器の働きが活発になり、若さを取り戻すと言うわけです。その他にもNMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)は病気の治療薬としても使われているようです。当サイトはそんなNMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)についてお伝えいたします。その効果について、サプリメントについて、永遠の課題について分かりやすくご紹介いたしますのでご参考になさってください。