永遠の課題

女性にとって、アンチエイジングは永遠の課題です。女性は美への執着はものすごいです。それは、過去の美女と言われた人たちの話にもよくあります。たとえば、クレオパトラは酢に溶かした真珠を飲んでいたとか、16世紀後半、ハンガリーで若い娘の生き血を吸うと永遠の美をえられると信じた伯爵夫人エリザベートがいたと言う話も有名です。

NMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)のサプリメントもそんな女性達の願いから作られたのかもしれません。できれば、シミもしわもない方が良いですし、老いるというのは嫌なものです。ただ、平等なのは誰でもいつかは死ぬという事です。不老不死も永遠の課題であの有名な「竹取物語」も可愛い娘であったかぐや姫を天に連れて行かれてしまったおじいさん、おばあさんはその代わりとして、不老不死の薬を月の天上人からもらいましたが、姫のいない世を長く生きても仕方ないと言ってその薬を今の富士山で焼いてしまいました。また、かぐや姫を愛していた帝も同じように不老不死の薬をもらいましたが、やはり富士山で焼いてしまったという事です。このように、人々は不老不死よりも大事なことがあると昔から信じてきたのかも知れません。

NMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)は病気にも効く良いですから、そちらの効果も期待したいところです。アンチエイジングも大事ですが、心掛けも大事でしょう。NMN(ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド)が人々の役に立つことを願います。